×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安くて程度の良い中古車を手に入れる

中古車の賢い選び方

お得な中古車選びの裏技があります。これさえ知っていれば人より安く、しかも調子の良い車を手に入れることができますよ。中古車の購入を検討中の方は必見です!

 

年式と走行距離の関係とは?

中古車を選ぶ際年式と走行距離は誰でも必ずチェックすると思います。しかし本当に意味のあるチェックができている人は少ないかもしれません。「2年落ちだから新しくて気持ちいい」とか「10,000キロしか走っていないからエンジンも調子良いだろう」といった表面の数字だけで判断する人は、もしかするとババを引いている可能性があるんです。

 

年式と走行距離にはその車が以前の所有者にどのように使われてきたのか?が如実に表れます。そしてその使われ方こそ、車の程度を決める重要な要素ですから、そこをしっかり見極めて中古車を選ぶことが大切なんですよ。

 

例えば次のような場合あんたはどちらんも車を選びますか?ちなみに2台は同じ車種・グレードでボディーや内装も同程度だったと仮定します。

 

AとB、どちらの中古車をあなたは選びますか?

A 年式:2年落ち、走行距離:10,000キロ、値段:230万円、ワンオーナー
B 年式:2年落ち、走行距離:50,000キロ、値段:150万円、ワンオーナー

この場合私ならBを選びたいと思います。同年式にも関わらずBはAよりも4万キロも多く走行しています。中古車価格は走行距離が5万キロ、10万キロといった節目を超えると、金額ががくんと落ちる性質がありますから、同年式でも金額には80万円も違いがありますね。

 

Bのように年式の割に走行距離が嵩んでいる車を「過走行車」と呼びます。中古車価格は車の「程度」よりも年式と走行距離に連動して上下する性質が強いので、B車がA車より80万円も安いのも走行距離の影響が大きいと考えます。

 

そして過走行車によくあるのが全オーナーが法人で、社用車として利用していたパターンです。毎日のように何十キロも利用される社用車では、車のメンテナンスがしっかりと行われている場合が多いものです。会社で管理をしているの車なのでメンテナンスがおざなりになっていた可能性は低く、特に重役の送り迎えで利用されていたような場合、万が一があっては大変ですから、よほどしっかりと整備されていたとみて良いでしょう。

 

今の車は整備さえしっかり行えば10万キロ走ったところでなんてことはありません。また車はほったらしでたまにしか乗らないよりも、毎日エンジンを換えてあげた方が性能を維持できるという特徴もあります。その証拠にタクシーには20万キロ、30万キロ走っている車両がたくさんあります。これも毎日エンジンを動かして、整備もしっかりしているからこそです。

 

B車は法人のワンオーナーでかつ、整備記録もしっかり残っていました。この場合50000キロという走行距離による値落ちが激しい=お得感が高い中古車ということができると思います。