×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外車に乗るなら新車は買うな!

その外車、本当に新車で買って良いんですか?

最近では外車に乗るハードルがずいぶん低くなりましたね。一昔前なら外車に乗る=お金持ち、セレブという感じでしたが、今では普通のサラリーマンでもちょっと頑張ればベンツやBMW、アウディなど高級外車(と一般的には考えられている)に乗ることができます。

 

しかし外車の購入には国産車とは違った難しさがあることも事実。うっかりするととてつもない損な買い物をする羽目になるかもしれません。ここでは外車をお得に購入する裏ワザを教えちゃいます!

 

外車は新車で買うな!中古の値落ち率がハンパない!

のっけから答えを書いてしまいましたが、外車は新車で買うのは止めた方が良い!というのが当サイトの結論(裏技)です。なぜなら外車、特に一般的グレードの普通車で販売台数が多い車には注意しましょう。例えばメルセデスベンツのCクラス、EクラスやBMWの3シリーズ、5シリーズなどです。

 

これらの車は中古車市場にはタマが多いため値がだぶつきやすく、1年落ちで走行距離がわずかな車でも新車との価格差が驚くほど大きかったりします。1年落ちで走行2,000キロ程度の車が新車価格から2割値落ちしていることなど良くあります。一度カーセンサーなどの中古車サイトで調べてみてください。

 

元の価格が高いため2割というと相当な金額です。例えばメルセデスベンツのEクラスであれば新車価格が800万円程度の車が普通ですが、その2割となると160万円ですからね!800万円の新車と640万円の走行2千キロの中古車、あなたならどちらを選びたいですか?私だったら間違いなく中古車ですね。

 

そもそも新車には慣らし運転も必要ですし(必要無いという意見もありますが、やはりした方が良いというのが一般的には言われています)、2千キロと言えば慣らしもまだ済んでいないような走行距離ですから。そんなほぼ新車と言える車を、160万円も安く買えるのになぜ新車をわざわざ買うの?と思ってしまうわけです。

 

外車には購入層が2つある。自分はどっちか?で考えるべし

外車を購入する層は大きく二分されています。一方は無理してでも外車に乗りたい!という外車に憧れを持つ層と、もう一方はお金がたくさんあるのでとりあえず外車に乗る、という層です。

 

お金持ちは車を買う時、どうせなら新車を買う人が多いのです。どっちにしても大した額じゃない(一般ピープルにはとてつもない額ですが・・)し、買うなら人が使ったものは嫌、新しいモノが良い、と単純に新車を選ぶ層なんです。

 

そんな人たち向けの新車価格なのに、外車憧れ層が新車を買うなんてナンセンスでしょう!?乗った瞬間に価値はダダ落ち(中古で売る時、値が恐ろしく落ちます)する外車を無理して新車で買うメリットが全くと言っていいほど感じられないのは私だけでしょうか?

 

お金に余裕がありすぎる人以外、外車は中古車で買うのが正解!というのが当サイトの結論(裏技)です。