×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新車に乗りたいならリースも検討の価値あり!

カーリースも一つの選択肢

どうしても新車が欲しい!という人に紹介したいのでカーリースです。カーリースというと法人が利用するサービスのイメージが強いですがそんなことはありません。個人でもカーリースを利用する人が増えてきています。

 

カーリースが購入よりも優れている点

カーリースは車の所有者(リース会社や自動車メーカー)から使用権を借り受けてマイカーとして利用する方法です。契約期間は一般的には3年から7年ほど(場合によってはもっと短期・長期も可能)で、その期間は車を自由に使うことが可能です。

 

契約期間における車の所有者はあなたではありませんから、初期登録費用や車検、税金など車の所有者にかかる費用は支払う必要がありません。その代わりとして毎月一定額の貸借料(これがリース料)を支払うことで自分の車のように使うことが可能になっています。実際にはこのリース料の中に車検や税金の費用も含まれているはずですが、それを長期の契約期間で等分していますから月々の支払い額は低く一定になります。

 

またカーリースでは契約終了後の車両売却価格を契約前に計算し、その額を控除してリース料金を設定しているため、ローンに比べても支払い額を低く抑えることができるメリットもあります。車両価格と諸経費込みで500万円かかるとしても、5年後に車が100万円で売れると計算できれば、リース料は400万円を元手に設定できるというわけです。

 

新車を買うには頭金、初期費用が必要ですし、3年後には車検(その後も2年毎に車検がきます。車検時には自動車重量税もかかります)でお金がかかります。毎年の自動車税も支払う必要があるので、どうしても支払い額が安定せず、ふところに余裕が無い時期に車検が来たりするとせつない気持ちになってしまいますよね。

 

カーリースはそういった心配が要りませんから、毎月のリース料だけしっかり支払い続ける経済的基盤があれば、安心して利用でき、しかもローンよりも安い支払い額で新車に乗ることができるわけです。

 

カーリースにはデメリットも?

ただし個人カーリースのデメリットはあります。たとえば契約期間中に解約ができないことなどです。軽自動車をリースしていたら急に子供が生まれてファミリーカーに乗り換えたい、となってもカーリースの場合は自由に乗り換えることができません。

 

所有権が自分に無いため、契約終了後には車を返却しなければならず、いつまでたっても自分のモノにできないこともカーリースのデメリットと考える人もいるようです。

 

利用者のライフスタイルやライフステージ、経済的状況などによってマイカーリースのメリット・デメリットは変わってきますから、詳しくメリットとデメリットを理解したうえで検討することが大切になります。

 

カーリースのおすすめは、コスモ石油のスマートビークル